2009年 09月 12日
大分旅行2日目  柞原(ゆすはら)八幡宮 (大分市)
こんばんは001.gif
木曜日の夕方、ダンナ様に付き合わされて某所へ写真を撮りに行き、
なんと足と腕、30ヶ所も蚊に刺されたmamでございます(>_<)
お陰で、ここ2日ほどものすごい痒みに悩まされ続けております。
大体、1年に2~3回くらいしか蚊に刺されないので、おおよそ10年分くらいをたった30分くらいで
刺された計算になります。・・・・ムカツク021.gif


さて、春日神社のあとは、もう一つ大分でも有名な巨樹に会うために柞原(ゆすはら)八幡宮に行ってきました。

はい、とっちんさん大当たりぃ~003.gif

この柞原(ゆすはら)八幡宮、国道10号線沿い(山側)に大きな第一の鳥居があり、
そこから県道696号線に入り大体4~5kmくらい行ったところにございます。

ナビにしたがい進んでいくと、まず結構広い第3駐車場があります。
そこから見ると、結構な階段を登らなくてはならないようだったので、先へ進み、
私達は第1駐車場のもう少し先にある、宝物殿横の駐車場に車を停めました。

なんだか、鬱蒼とした木々に覆われて、厳かな雰囲気バリバリ。

宝物殿横からすぐ参道になりますが、いきなり巨木が立っていてびっくり。
でも、それがお目当ての巨樹じゃないことにもさらにびっくり!
さて、私達は参道からすぐの西門をくぐって中へと入りました。
こちらがその西門。
b0123359_21283192.jpg


西門をくぐると、目の前に変わった社殿が見えます。
こちらの社殿は南に左右回廊つきの楼門が建ち、参拝は回廊から靴を脱いで上がり、
拝殿前に正座をして行うんです。
b0123359_21393886.jpg


この回廊の上部には大きな絵馬?がたくさん掲げてあり見事なんですが、なんせ保存状態が悪く、
色が飛んでしまってるんですよ。
当時の色がそのままだったら、さぞ圧巻だったろうと思います。

こちらが拝殿です。
b0123359_21414426.jpg
3枚ともSONY α350
これまた、でっかい天狗さまがこちらを見据えておられます(^^;

この拝殿に向かって真後ろに1つの門があります。
ちょうど2枚目の写真でダンナ様のちょっと先右側に小さな椅子が並んでいるところです。

こちら「桜門」という門で、ちょうど椅子が並んでいるところに菊の御紋がついた扉があります。
この桜門、昔天皇の勅旨が訪れた時だけ開けられたらしいです。
今は、普段は閉じられていますが、年に1度だけ例大祭の時だけ開くそうです。

写真が・・・ありません(^^;
ちゃんと考えて撮っておけばよかった・・・

また、この回廊には大きな太鼓が吊り下げてあります。
b0123359_21482480.jpg

開運太鼓だそうです。
誰でも、叩くことが出来ます。

叩きませんでした(^^;

なんか、熊本では見かけない造りなだけに、ただただ、「スッゲェ~」という言葉しか出てきません。

さて、しっかりお参りもしたことだし、いよいよお目当ての木を探しに行きましょう♪




西門を出て参道を歩くと左手に抜けられる道があったので、そちらへ行ってみると
桜門へと通じる道でした。
b0123359_2156168.jpg
Canon EOS 50D
コレって、勅旨様専用の道だったってことかしら?

下へとおりていくと、西門の方へと続く参道と、桜門へと続く道とに分かれているのが分かります。
b0123359_2204160.jpg
Canon EOS 50D
こうやってみると、本当に鬱蒼としてるのが分かるでしょう?(^^)

この左側の参道を歩くと、「踏めば必ず願いが叶う」と昔から言い伝わる「幸運の扇石」が2枚あるそうなんですが、
能天気夫婦、これまたそんなこと知らず・・・
やっぱり、今年は宝くじは当たらないようですね(^^;
皆さんが行かれた際は、ぜひ探してしっかり踏まれてくださいね006.gif


さて、この“分岐点”のすぐそばにこれまた立派な楼門があります。
b0123359_2295395.jpg
SONY α350
南大門です。
こちらにそれは見事な彫刻が施された扉があります。
b0123359_22113886.jpg
Canon EOS 50D

お目当てのその木はこの南大門の近くにありました。
お待たせしました。
国指定の天然記念物、柞原八幡宮の大楠です。
b0123359_22175642.jpg
Canon EOS 50D

樹齢     3000年
幹周     18.5m
樹高     30m
根の周り  34m

ただただ、圧倒されるばかりの巨樹です。
幹の下の部分は空洞になっていて、大人が十数人は入れるそうです。

今回の写真では、うまくこの木の迫力を伝えられてないような気がするなぁ~・・・ダンナ様よ。
というか、この木はぜひ、生で見ていただきたい木です。
本当に御見それしましたm(__)mと言いたくなる、そんな木でした。


そして、こちらにはもう1本有名な木がございます。
それがこちら、ほるとのきです。
b0123359_22273677.jpg
Canon EOS 50D
こちらの木はこんな木です。
b0123359_22283120.jpg
SONY α350

ポルトガル人が持ってきたから「ほるとのき」。
なんで「ると」じゃなくて「ると」だったんだろう?

でも、そんなことどうでもいいかって思えるくらい、こちらも立派な木でした。

巨樹のあるところを「パワースポット」と言うならば、
ここはまさしく「ものすごいパワー」を秘めた場所であることは間違いなさそうです045.gif

朝見八幡神社も春日神社も、素晴らしい神社でしたが、ここはまた別物って感じの
素晴らしいところでした。

能天気夫婦、お気に入りの場所と相成りました。

ただ、キティちゃんの御守りが売ってあったことだけが納得いかないけど・・・(^^;

皆さんも、会いに行かれて見ませんか?樹齢3000年の大楠とほるとのき。


柞原(ゆすはら)八幡宮のH.P.はこちら
住  所  大分県大分市大字八幡987
電場番号 097-534-0065
地図はこちら

by fksm-kzmty | 2009-09-12 22:43 | おでかけ・大分 | Comments(4)
Commented by らぼっち at 2009-09-14 01:04 x
自分達の記事の方で遅れてしまいましたー
伝わってきますよ、パワーの大きさが
まず絵馬?天狗、太鼓すべてスケール3Lじゃないですか
彫刻なんかも国宝の青井阿蘇神社よりすごい気がする^^

巨樹の写真登場まで、mamさん、延ばす延ばす^^
すごい! これが3000年も生き続けている楠木ですね
幹の上部が折れたか、焼けたか、しているのが少し残念ですね
それでも生き続ける生命力にパワーを感じるんでしょうね

大分方面はなかなか足が向かわないんですが
ここはぜひパワーをもらいに行ってみたいと思いました
結局、ほるとのきって樹種は何なんでしょうかね^^




Commented by fksm-kzmty at 2009-09-14 13:38
☆らぼっちさんへ
巨樹の写真まで延ばしたつもりはないんですが(^^;
とにかく熊本にはない造りの神社だったので、ぜひご紹介したくて(笑)

ほるとのき、ネットで調べてみたら、
アオイ目、ホルトノキ科、ホルトノキ属、ホルトノキ(原種)だそうで、
別名モガシというそうです。
だったら、ポルトガル人関係ないじゃん!って感じですよね(笑)
ぜひ、大分に行かれることがあったら、お立ち寄りくださいませ(^^)


Commented by とっちん at 2009-09-14 14:33 x
いや~、当たっちゃいましたね。(^_^)v
実はこれまでmamさんが紹介されてた大分の木々は知らなかったんです。
それに、こちらの木も3000年ということしかわかっていませんでした。
よかったです、今回写真で見れて!!

建物も木もすごく興味深いものですね。
確かに熊本では見かけませんもの、わざわざでも行きたいと思いました。
我が家は是非「幸運の扇石」を踏んどかないと・・・^^;
Commented by fksm-kzmty at 2009-09-14 15:28
☆とっちんさんへ
ご夫婦でのコメ、ありがとうございます。
うふっ、嬉しい(^^)

なんか大分と熊本、比べると結構面白いんですよ。
どちらも山あり、海あり、温泉ありなんですけど、
どれをとっても表情が違うんですよ。
今回、初めて大分の神社を回りましたけど、
こちらも熊本にある神社とは雰囲気が違ってて、楽しかったです。

とっちんさん達はぜひ、柞原八幡宮の「幸運の扇石」と
別府の八幡朝見神社の「瓢箪と杯石」を踏んでこられて下さいね(^_-)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大分旅行2日目  西寒多(ささ...      大分旅行2日目 春日神社(大分市) >>