2010年 12月 12日
高千穂散策その④ “初”訪問だった高千穂神社
こんばんは
結局、おうちで1日ま~ったりしてた能天気夫婦です。
そんな今日、ほったらかしにしてた水仙とヒヤシンスの球根から
小さな芽が出てるのを発見して嬉しかったmam。
そして先日我が家に新しいミニバラちゃんが2鉢仲間入り♪
そのうち、皆様にお見せしちゃうかも
いろんな植物を駄目にしてしまった今年。
来年はちょっと賑やかにしたいなぁ~・・・・と思ってるだけ(^^;


では、高千穂散策のお話に入りましょう。
みなさんは高千穂神社には行かれたことありますか?
私は行ったことがあった・・・ハズなんですが、どうも違ったようです。

私が行ったことある!と言うし、熟年夫婦も行ったことあると思うって仰ったので、
テルルは時間短縮のために「高千穂神社」を行程から外そうかとしたんです。
でもね、いざ神社の前に来てみると・・・・・4人とも????

高千穂神社ってこんなとこだったっけ?状態(^^;

で、急遽立ち寄り決定!

コレが私たちを呼び止めた高千穂神社の鳥居です。
b0123359_214506.jpg

デカっ!!

( ̄~ ̄;)うーん、初めて見たような気がするなぁ~

テルル勝ち誇ったように
「だろーっ!! 俺、来た覚えないもん。 って、あんた他の人と来たんじゃない?( -_-)ジーッ」などと言う。

(;-_-+  神社めぐりなんぞ、アンタとしかしたことないわぃ!!

そんな会話をしながら、ここは30分で回るバイ!とそそくさと進む4人。

な、ハズがない(笑)

ちょいちょい気になるものの前で立ち止まりながらも進みます。

こちら参道途中にあった手水舎です。
b0123359_218525.jpg

さすがに手水舎もデカい
1度に何人が手を洗えるんだろう?

そしてこちらは手水舎のちょいと先で私たちを出迎えてくれる狛犬です。
b0123359_2110940.jpg

なんとそれぞれの足元に2匹の子狛犬までいますよ^^

パシャパシャと手っ取り早く写真を撮ってこれまた先へと進みます。
なんとも慌しや(^^;

参道の石段ですが、厳かな感じですね~。
b0123359_21121889.jpg


まずは御由緒です。
b0123359_2118763.jpg


境内には巨樹の会会長の心をくすぐる巨樹がいっぱい!
b0123359_2122245.jpg

ついついそっちに足が向きそうなところを「お参りが先!」と拝殿へと向かいます(笑)

こちらが拝殿です。
b0123359_212394.jpg

こちらは拝殿の中の様子。
b0123359_21241244.jpg


高千穂八十八社の総社で、国運の隆昌、縁結び、交通安全、厄除けの神様ということですから、
我が家は交通安全と厄除けを祈願。

こちらは本殿です。
b0123359_21321340.jpg

こちらは国指定の重要文化財になってます。
安永7年(1778年)に立て替えられてるということです。
九州南部を代表する五間社本殿建築というものだそうです。

またこの本殿の右側に彫像があるんですが・・・
b0123359_21354988.jpg

こちら当宮の御祭神、三毛入野命が鬼神鬼八を退治する様子を彫刻したものだそうです。

このようにこちらの本殿には見事な彫刻が随所に見受けられます。
その一部ですがどうぞ。
b0123359_21393142.jpg

いや~、見事です。
真ん中のお猿さんの笑顔?がいいですねぇ~^^


また、拝殿の右横の方には国の重要文化財に指定されている源頼朝奉納の鋳鉄製の狛犬があります。
b0123359_21412750.jpg

保存のためでしょうけど、ガラス越しにしか見れなくて、写真が撮りにくい(^^;

拝殿左側にもあったのかな~・・・・見落としてるし(>_<)

さて、お参りも澄んだことだし、巨樹にご挨拶と行きますか!





まずは境内入って左手にあります秩父杉
b0123359_21461466.jpg

おっ、会長!そのアングルで行きますか?

秩父杉、畠山重忠公お手植えの杉で樹齢が平成4年の時点で800年、
幹周りが715m、樹高が55mだそうです。


お次は夫婦杉
b0123359_2151421.jpg

夫婦杉の前にあった由来記には

手のじ(手をつないで)3回廻ると夫婦友人仲睦まじく家内安全で子孫繁昌の3つの願いが叶うとあります。
あっ、実際には「手のじ」とは書いてありませんからね~

2組の夫婦はどちらも回っていないようでございます(笑)

回らずとも仲良しですからね


こちらの境内にはこれらの巨樹のほかにも多くの巨樹がございます。
それだけパワーがみなぎってるってことですかね。

境内にあったお守りを売ってるところでは「縁結び」のご利益があるということで
たくさんの若い女性がお守りを選んでおられましたよ。
b0123359_21571455.jpg

b0123359_21582628.jpg

幸せが訪れますように!


さて、ぼちぼち次に進まねば!と言いながら何かを覗き込む怪しげな二人(笑)
b0123359_2231427.jpg


2人が覗いてるのは神楽殿です。
b0123359_2233718.jpg

で、二人が見た光景がこちら。
b0123359_2235277.jpg


例祭(4月16日)や高千穂夜神楽まつり(11月22-23日)、猪掛(ししかけ)祭(旧暦12月3日)には
神楽が奉納され、
また観光用として年間を通じて高千穂の夜神楽全33番の中から
「手力雄(たぢからお)」・「鈿女(うずめ)」・「戸取(ととり)」・「御神体(ごしんたい)」
の4番が実演されているそうです。
1度、見てみたい気もするな。

あっ、そういえば鎮石も見逃してたんだ!
あ~再訪決定だな。

ということで、高千穂神社の慌しい見学終了!

この後は、1時間ほど車に揺られることになりま~す。

では、また明日m(__)m

高千穂神社
所在地  西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
地図はこちら

by fksm-kzmty | 2010-12-12 22:15 | おでかけ・宮崎 | Comments(4)
Commented by らぼっち at 2010-12-12 22:44 x
魚眼レンズ大活躍だ^^
でも8つの目で見てもいろいろ見逃しちゃうもんですね

大分、宮崎と、ほんと彫り物に手が込んでますよね
熊本はなんでシンプルなんだろう^^

たまたま高千穂神社の前を通ったからよかったですね
一生、行ったことあるしで通していたかも(笑)
Commented by fksm-kzmty at 2010-12-13 00:11
☆らぼっちさんへ
本当にここは見所満載なのに駆け足でもったいなかったですね。
熊本のシンプルな彫刻・・・きっと慎ましやかな県民なんですよ(笑)
Commented by ゆきんこ at 2010-12-13 21:07 x
こんばんは~。
またも興奮しちゃう巨樹がたくさん!!
私も高千穂神社は行ったことがあると思い込んでた
1人です。
ご一行様に気づかせていただいて良かった♪
Commented by fksm-kzmty at 2010-12-13 23:23
☆ゆきんこさんへ
あら~、ゆきんこさんも「行ったつもり」仲間だったんですか?
親近感わくなぁ~(笑)
ここはぜひゆっくり、じっくり見て回られるといいですよ。
ふつうなら、「ご神木」になれるんじゃ?っていう巨樹が一杯ですから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高千穂から椎葉へ移動  国指定...      高千穂散策その③ お昼ご飯は「... >>