2017年 05月 06日 ( 1 )

2017年 05月 06日
アラフィフ5で海上自衛隊鹿屋航空基地資料館へ
今日は昨日のドライブ疲れを癒そうとゆっくりと過ごした能天気夫婦

ええ、もう50ですから体は労わらなきゃね

さて、今日からボチボチと昨日の鹿児島ドライブのお話をUPしてまいります

朝6時出発で高速に乗り、道中しゃべりっぱなしの笑いっぱなしの5人

途中、宮原と山江SAで休憩と早朝オヤツを調達し渋滞にも合わず順調に鹿児島は鹿屋入り

b0123359_21313934.jpg


高速は途中から無料区間、距離的には遠いけどわりと快適な道路環境だった

能天気夫婦は鹿屋へ遊びに来たのは始めてなので見る風景どれも新鮮

b0123359_21321658.jpg


ただお天気が午前中よくなかったので、予定を入れ替えて午後に回る予定だったこちらへ

b0123359_21351478.jpg


海上自衛隊の鹿屋航空基地



資料館へ

b0123359_21362290.jpg


開館してすぐだったんだけど駐車場はすでに満杯ということで

カッチョエエ制服を着たイケメン隊員さんが資料館すぐそばの臨時駐車場(空き地)を教えてくれた


いや~、これには5人ともちょっとびっくり

結構、人気あるのね

天気も悪く、肌寒かったこともありまずは資料館内を見学することにした5人

b0123359_21434787.jpg


こちら見学は無料となっておりますが、一応入り口で超簡単な受付をします

で、3分程度の説明ビデオを見た後、館内見学となります

ここには特攻隊にまつわるいろんな資料や遺品など数多く展示してありますが

撮影は禁止

でもこの復元された零戦と展示物の一部は撮影OK

b0123359_21462350.jpg


こちらの零戦は1992年(平成4年)に鹿児島県の錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた

b0123359_21465813.jpg


二一型と五二型丙の2機を使用し、1機の五二型として復元されたもの

b0123359_2152361.jpg


壮絶な過去を持つ飛行機なんだよ

こういった特攻隊にまつわる資料を見るといつも思う

b0123359_21533479.jpg


お国のため、勝利を信じて、この狭い操縦席に命を懸けて座った若者の本音はどうだったのか?

展示資料の中には特攻隊員の遺書も多くあったけど、

検閲のある時代、その手紙に本音が書かれてるとは思えず

ただただ親兄弟の身と行く末を案じ、旅立っていることを思うと切なくて仕方が無くなる

b0123359_21573857.jpg


みんな若いのに、ものすごく達筆で文章もとっても大人

いかに今の自分たちが平和な時代に甘え、幼いまま大人になってるかわかる

だからと言って、これ以上成長は出来ないもんで、申し訳ない気持ちにもなる(^^;

b0123359_22353100.jpg


特攻隊資料を見た後は、自衛隊で活躍してきた機材などを見て回った

b0123359_2243893.jpg


館内の展示物を見た後は男性陣は屋外展示物を見学

b0123359_2265311.jpg


女性陣はお土産品などを販売してる建物に移動し、物色(笑)

お天気が良ければ屋外展示物も見たけど、ちょっと寒かったのよ!

でも家に帰ってからテルルに「コレを見なきゃここに行った意味ないじゃん!」って言われた

その「コレ」というのは

b0123359_22142182.jpg


日本の航空・製造などのあらゆる技術を集結して

設計・開発した世界一の高性能を誇った大型飛行艇「二式大艇」

b0123359_2216239.jpg


詳しいことは書きませんが、

「1日1善!」とCMで言ってた笹川良一さんのおかげでここにあるらしい

b0123359_22193064.jpg


米軍がその機能に注目したくらい高性能な飛行艇だったみたいだけど、

そこまであたしも詳しく知らないし、興味もなかったもんでスルーしちゃったのよね

まぁ食べ物の誘惑に負けたんだけどさ(笑)

それにしても本当に充実した見ごたえのある資料館にみんな満足

この後はお腹がすいたのでお昼ご飯を食べに移動しましたよん

そのお話はまた明日ね


そうそう、資料館を出てすぐ気になる看板?に食いついた5人

b0123359_2225281.jpg


これってもとに戻さなくてもいいのかな~・・・・・

by fksm-kzmty | 2017-05-06 22:26 | おでかけ・鹿児島 | Comments(2)