カテゴリ:おでかけ・荒尾&玉名( 26 )

2014年 06月 01日
玉名 高瀬裏川花しょうぶ祭り 2014 写真編

今日も暑くて暑くてたまらないよ~

週間天気予報だと来週梅雨入りみたいだから

夕方、オスカーを散歩にでも連れて行ってやるか

さて、昨日は、玉名の初夏を彩る「高瀬裏川花しょうぶまつり」に行ってきたよ!

途中、植木町田原坂近くのビニールハウスでは桃が鈴生り!

b0123359_11465430.jpg


もも食べたい・・・

菊池川河川敷駐車場にはマリーゴールドの花がうじゃうじゃ

b0123359_11453818.jpg


肝心の菖蒲はと云うと・・・

b0123359_1148628.jpg


ネットの情報どおり五分咲きでした~

b0123359_11482456.jpg


でもね、高瀬裏川上流側はじぇ~んじぇん

b0123359_1151790.jpg


ここら辺は程よい具合に咲いてます

b0123359_11514693.jpg


下流側は黄色い花菖蒲が・・・何分咲きかな?!

b0123359_11543070.jpg


こんな構図がテルル好き・・・なのかな

b0123359_1159449.jpg


モデルにmamをつかって・・・もう少し左に来てくれると良かったな

b0123359_122888.jpg


今回はテルル的微笑ましい仲良しの情景を写真に収めてみたよ


もう少し続くよ!

by fksm-kzmty | 2014-06-01 13:18 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(0)
2014年 05月 31日
今日は5分咲きでした。玉名高瀬裏川花しょうぶまつり
こんにちは。
今日はまたしても暑い1日でございます。
なんでも大分の日田では35℃を記録したとか。
熊本もそのくらいあったと思うよ。
だってノアちゃんが示す外気温は34℃だったもん。
b0123359_17434667.jpg

別に日田と張り合う気はないけど、まぁそんだけ暑かったって話よ。


その暑さの中、能天気夫婦は玉名へとドライブ。

高瀬浦川の花しょうぶが見ごろを迎え始めてるというので見に行ってきました。

とりあえず、今日は動画で高瀬裏川の様子をご覧ください。

町の巨匠が撮った写真は明日ね(^_-)

BGMが流れますので音量にご注意ください。


花の咲き具合としては5分咲きだとか。

しょうぶまつりは6月14日まで開催されます。

期間中は日没~午後10時までライトアップもされますし

6月7日にはメインイベント(野点やコンサートなど)も予定されていますので

お暇な方は行かれてみてはいかがですか~

b0123359_17561056.jpg


by fksm-kzmty | 2014-05-31 17:54 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(2)
2012年 06月 05日
小説「草枕」の舞台  前田家別邸
こんばんは。
男子バレーが韓国と激闘を繰り広げておりますが・・・・結果やいかに。

さて、全仏オープンテニスも2周目に入り、男女ともベスト8が出揃っております。
男子は上位シード選手がほとんど残っており、まぁ順当な顔ぶれとなっております。
一方、女子は大混戦ですよ~。
8人のうち、ひとケタシード選手は3人。
4人が10、15、21、23シード。
そして最後の1人は予選から勝ち上がった選手です。
もはや誰が優勝するのかわからないって感じです。

も~、毎日が寝不足だよ~。


さて、みなさん「草枕」はお読みになった事ありますか?
mamは・・・・・アリマセ~ン(笑)

読書は基本的に好きなのですけどね。


今日はその「草枕」の舞台となったお宅を御紹介しますね。
それは玉名市天水町小天にございます。

国道501を草枕温泉「てんすい」の方へと曲がると↓のような看板があります。
b0123359_21394359.jpg

その看板から右に曲がりちょいとせまい道を行くと前田家別邸があります。
b0123359_21412976.jpg


前田家別邸は従来「漱石館」と呼ばれ、、「離れ」の一部屋のみ公開されていましたが、
敷地の一部に残存していた「浴場」が2004年度に修復工事を終え、母屋を除く別邸敷地とともに、
初めて一般に公開されることになりました。(漱石・草枕の里より)



こちらが正面玄関になります。

b0123359_2144716.jpg

玄関に入ると左手の壁に説明板がありました。(写真はクリックするとちょっと見やすくなりますよ)
b0123359_21444667.jpg


玄関から左手に修復工事をされた「浴室」があります。
b0123359_2145409.jpg


浴槽のある場所は一段低い所にあり、入浴するには階段を下りて行っていたようですが、
現在は上から見るだけとなっています。
b0123359_21475566.jpg

一応、男風呂、女風呂とあるんですが、それは建物の外側から見た方がよくわかるので、
一旦玄関から外へ出ました。
b0123359_214956.jpg

こうして見ると、結構な広さと、深さがありますね。
漱石もこのお風呂に入ったのね。

これは男湯と女湯をしきっている壁板の欄間。
b0123359_21503925.jpg


きっと多くの人がここで温泉を楽しんだことでしょう(^^)

あ~、温泉行きたくなった(笑)


さて、こちらは本館跡。
b0123359_21571817.jpg

b0123359_21574762.jpg

建物などがここは復元されていないので、説明を見ながらしばし空想の世界へ(笑)


今度は本館跡からちょいと階段で上がった所にある離れ跡。
b0123359_21595464.jpg


↓の写真は説明にある4.5畳半2間の部分。
b0123359_2214514.jpg

ここでもしばし空想の世界。

では、今度は離れへと御案内。

こっちも見てね

by fksm-kzmty | 2012-06-05 22:38 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)
2012年 06月 03日
玉名の高瀬裏川しょうぶ祭り 2012
こんばんは。
午後9時半過ぎ、たくさんのストレスを抱え法要から帰って来たmamです。
法要は何事もなく終わったんですが、その後の会食でね~・・・・。
やっぱり宇宙人のする事はとりあえず地球人であるmamには理解不能でした。
でも、もう済んだ事なので忘れる努力をします。
あとは自分が抱えた不満というか不愉快な感情と怒りを消化するだけ。
さて、何をして消化しようかな~・・・・




今日は昨日行って来た玉名のしょうぶ祭りの写真をUPします。

今回は「人と菖蒲」をテーマに写真をUPしてみます。

まずは昼間の様子から。
b0123359_2225724.jpg

たくさんの人で賑わっている高瀬裏川沿い。
水辺には綺麗に咲いた菖蒲が見物人の目を楽しませてます。
b0123359_22273346.jpg

あちこちで、記念撮影する人がいましたよ。

でもね、この子らは違った(笑)
b0123359_2227448.jpg

菖蒲の花には目もくれず、夢中になって探してるのは川の中にいるカニ。
もう目は真剣そのもの。
すっごく夢中になってカニを探してる姿は何ともほほえましい。


石橋の上にはテレビカメラクルー?もいましたね~。
b0123359_22292586.jpg



こちらは野点のコーナー。
b0123359_22311665.jpg


野点は午後6時からだったんですが、予定時刻近くになると和服姿の女性たちが
お席についてお抹茶が出てくるのを待ってました。
b0123359_22322218.jpg

The 日本!って感じだね~(^^)


能天気夫婦もせっかくなのでお抹茶を頂くことに。
b0123359_22332387.jpg

1人¥300を払って案内を待ちます。

お席に案内されると、可愛らしいお子ちゃまがお菓子を運んで来てくれました。

写真、撮り損ねてますが、とっても可愛かった(^^)

お菓子は、もちろん菖蒲を表現した生和菓子。
b0123359_22345258.jpg


あっさりした甘みでとっても美味しかったです。
もちろん、お抹茶もね(^_-)

この日は浴衣を来た人も多かったな~。

どちらかと言うと大人よりも、子供の方が多かったけど(^^;
それでも、こういういなせな事してる子供もいたんですよ!
b0123359_22363399.jpg

帯に差してるのは団扇だけど、センスいいよね。


菖蒲の花が咲き誇る高瀬裏川沿いを子供も
b0123359_22375849.jpg


カップルも、そして家族連れもそれぞれに満喫してる姿は見ていて楽しかったです。
b0123359_22383947.jpg



さて、この後は夜の部。
ライトアップされた様子をご覧ください。

こっちも見てね

by fksm-kzmty | 2012-06-03 23:03 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)
2012年 06月 02日
玉名の菖蒲が見頃です
こんばんは。
今日はスマホからの投稿です。
何でって?
それはまだおうちに帰り着かないから(笑)

今日は午後からゆったりと玉名までドライブ。
高瀬裏川の菖蒲が見頃という事で見に行ってきました。

写真は帰宅後にテルルが綺麗綺麗にしてからupしますね。
だから今日はスマホで撮影した写真でご容赦下さいマセm(__)m
b0123359_21591071.jpg



今年も綺麗に咲いて多くの人の目を楽しませてくれてました。
b0123359_215738100.jpg


しょうぶ祭りは今月の9月まで行われてます。
明日はお天気もいいみたいなのでお出かけされてみませんか(^^)

by fksm-kzmty | 2012-06-02 21:45 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(4)
2011年 12月 25日
ありがとう、さようなら、そしてお疲れ様 荒尾競馬 後編
こんばんは。
今日はクリスマス。
みなさんの所にサンタさんは来ましたか?
我が家には今年も来なかった(-_-;)
去年は遅れてやって来たけど、今年はそれも望めそうにないみたい。

どーゆーこと?

結構しつこい性格のmam。
これはプレゼント貰えるまでネチネチといきますかな037.gif


さて、今日は荒尾競馬場の最終日にレースに出たお馬さんの写真をドド~ンとUP.
流し撮りあり、JRAのCMっぽくモノクロあり、83年の歴史に敬意を払ってセピアあり。
あえて文章を添えず、その代わりにこちらのBGMを添えてUPしたいと思います。



では、荒尾競馬場所属馬の最後の力走をご覧ください。
b0123359_20292577.jpg



b0123359_20302038.jpg



b0123359_2030635.jpg



b0123359_20302842.jpg
以上Nikon D5100

まだまだあります!

by fksm-kzmty | 2011-12-25 20:45 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(8)
2011年 12月 24日
ありがとう、さようなら、そしてお疲れ様 荒尾競馬 前編
こんばんは。
今日はクリスマス・イヴ。
みなさんはどんな夜をお過ごしですか?
我が家は・・・テレビをボーっと見ながらゆる~く過ごしてます(^^;

昨日の記事の冒頭でらぼっち&とっちんさんmaiちゃんとドライブに行ったと書きましたけど、
出かけた先は荒尾競馬場でした。
b0123359_0431314.jpg

1928年2月20日荒尾市に開設。
同年3月2日に第1回競馬が開催された荒尾競馬が2011年12月23日をもって
その83年の歴史に幕を閉じるということで競馬未経験のらぼっち&とっちんさんとmaiちゃんを誘って出かけたわけです。

この日は神様の粋な計らいでしょうか、風は冷たかったものの青空に恵まれ、
荒尾競馬にお別れをしに来られた多くの来場者で賑わってました。

こちらは寒い中入り口でお客様を笑顔でお迎えしていた“働くお姉さん”
b0123359_0433571.jpg

写真を撮らせて下さい040.gifとお願いしたところ、快諾していただきました。
もちろん、顔出しも許可いただいてます(^^)
可愛らしいお嬢さんたちでした。

競馬場内ではいつもの如く青空市場のような露店や、
この日だけかな?厩務員会による荒尾競馬グッズなどの販売も行われていました。
b0123359_0435837.jpg

ご贔屓の騎手や馬などのTシャツやらストラップやらを買わわれてる人がいました。

こちらがその荒尾競馬所属の騎手の方々です。
b0123359_0442348.jpg

荒尾競馬の廃止に伴い、他の地方競馬場へと移籍する騎手もいれば、
この日を最後に引退する騎手もいらっしゃいます。

この日は入場無料にて開放され、競馬場内でもいろんなイベントが行われてました。
こちらはその1つ、乗馬体験。
b0123359_0462556.jpg

もう、長蛇の列ですよ(笑)

この賑わい、毎開催時に欲しかったですね。

前回訪れたときは閑散としていた場所すべてがすごい人で埋まってました。
こちらはパドック
b0123359_0465789.jpg

お馬さんもビックリしたかもね。

パドックからちょいと目線を揚げてみれば、観覧席がある建物の窓にも人がズラ~~~~~っと並んでる(笑)
b0123359_0473130.jpg


この光景を見ながらちょっと悔しい気分になったのは・・・mamだけかな。
まぁ、mam自体もそんなに競馬場に足を運んだわけじゃないからあんまり言えないけどね。

こちらは競馬場建物内にある総合案内所と売店。
b0123359_0482447.jpg

b0123359_0491247.jpg

今まで荒尾競馬場には数回足を運んでますが、この日初めて気付きました(^^;



さて、ボチボチちょいと馬券でも買ってみますかね。

こっちも見てね~(^^)

by fksm-kzmty | 2011-12-24 23:56 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(4)
2011年 09月 01日
最後も雨  国指定重要文化財  旧玉名干拓施設
こんばんは。
当たり前の如く、8月が終わり今日から9月。
そして今日は亡き父の誕生日。
生きていれば83歳。
と言うことで、ちょっと父との思い出を振り返ってみました。

鹿児島に住んでいた小学生の頃の話。

宿題で出された算数の解き方がわからず、出張で熊本に行っていた父から電話が掛かってきた時に
「おと~さ~ん、算数がわから~ん007.gif」と言うと電話で問題の解き方を教えてくれました。
それでとりあえず電話を切ったんですが、電話の向こうの父にはmamが今ひとつ理解できていないことがわかったんでしょうね。
なんとその後、車飛ばして出張先の熊本から帰ってきてくれました。
たった1問のためだけに。
その時は単に出張が終わって帰ってきたんだと思ってたんですが、
翌日朝からいない父の事を母に尋ねると、
「朝早く熊本に戻ったよ。あんたに算数を教えるためだけに帰ってきたんだよ!」と言われビックリ。

その後、本当に出張から帰ってきた父に「ありがとう」っていうと
「よかよか、算数がわかったんならそれが一番嬉しい」とニッコリ笑って言ってくれました。

その後のmamの算数&数学の成績ですか?

悪いままでした(^^;

ごめんね~、お父さんの厚意を活かせなくて!(笑)



さて、今日は玉名散策最終話でございます。
梅林天満宮のあとはこれまたこちらのご夫婦が行かれていたあの場所へと向かいました。

興味のある方はコチラへ、どうぞ!

by fksm-kzmty | 2011-09-01 21:40 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)
2011年 08月 31日
国の登録文化財だよ! 玉名 梅林天満宮
こんばんは。
熊本は今日も暑かったっす(>_<)
え~、mamはど近眼でして、眼鏡とコンタクトをその時の目の状態や行動予定で使い分けてるんですが、
今日朝からコンタクトを装着すると視界が変002.gif
・・・どうも、右と左を入れ間違ったようでした(^^;

えっ、信じられないって?

はいはい、アタシャ~、どうせアンビリバボーな人間ですよ。それが何か?


ところで~、伊達さんは残念でしたねー。
ご本人のブログによると、やはり左手のケガの影響があったようですね。
まぁ、1回戦で負けたということは次の試合までにケガを治す時間が取れたということで、
しっかりこの時間を利用してケガを治し、次のアジアシーズンをベストの状態で迎えて欲しいもんです。


さて、本日も玉名ネタです。
向かった先は・・・
b0123359_20262710.jpg

玉名の石橋ではありませんよ~。

梅林天満宮です。
b0123359_20265149.jpg


こちらの御夫婦の記事を見て、行ってみたいと思っていた場所です。

じゃぁ、最初の写真の石橋は何?って思うでしょ。
多分、昔の参道のなごりじゃないかな~・・・・あくまでも推測ですが(^^;
b0123359_2029570.jpg


ここでも雨がポツリ、ポツリ。
とりあえず、ビャ~っと写真だけ撮りました(笑)

まずは説明板をどうぞ(^^)
b0123359_20303139.jpg

何々? 太宰府天満宮の分霊者の中でも最古の神社とな?
すごいじゃないの。

玉名市観光案内のH.P.によりますと
承平6年(936年)に太宰府天満宮から勧請されたと伝えられます。戦国時代頃焼失したと伝えられ、
現在の社殿等は江戸時代以降の建築と考えられており、平成15年には本殿・拝殿・楼門・鳥居が
国の登録文化財になりました。

だそうです。
そして、説明板にもあるように毎年11/25には例大祭が行なわれ、流鏑馬が奉納されるそうな。

これを見たテルル、mamに11/25に流鏑馬の写真を撮ってきなさいと指令を出すじゃないの。

はっ?返事ですか?・・・・思いっきり無視です(笑)



さて、では鳥居をご覧頂きましょう♪
b0123359_20362590.jpg

雨が降ってきていたので、慌てていて正面から撮り忘れてました。
と言うことで、鳥居の後姿です(^^;

これも国の登録文化財なのに・・・・_| ̄|○

でも、↑の写真を見てお分かりでしょうか?
ここ鳥居の目の前を新幹線の高架が通ってるんです。
だから見えるんです!新幹線が!!
ホラッ!!!
b0123359_20401523.jpg

探してね(笑)


鳥居をくぐると1対の狛犬さん。
b0123359_20374856.jpg

なんとなくラブリー♡

そして、楼門です。(登録文化財)
b0123359_2041769.jpg

これも社殿側から撮ってます(^^;

楼門には見事な彫刻や、和製ガーゴイルちゃんもいます。
b0123359_20434116.jpg

b0123359_20435018.jpg

彫刻はエッジがわりと柔らかい感じですね~。
和製ガーゴイルちゃんは左が鳥居側、右が社殿側にいますよ。

そして、楼門の下の部分(鳥居側)には仁王さまがポージング♪
b0123359_20462743.jpg

楼門が登録文化財なら、この仁王様もそうなのかしらね?

顔と体のバランスが微妙だわ~(笑)

楼門くぐって右手には「見ざる、言わざる、聞かざる」と神牛さん。
b0123359_2049429.jpg

これらはどちらも比較的新しそう。


そうそう、天満宮だもの!これも忘れちゃいけません。
b0123359_20501240.jpg

       こちふかば  にほいおこせよ  梅の花

                       あるじなしとて  春な忘れそ  


さて、お次は社殿の方へと参りましょう。
b0123359_2054261.jpg


さぁ、行きますよ~!!

by fksm-kzmty | 2011-08-31 21:17 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)
2011年 08月 30日
玉名 高瀬散策
こんばんは。
世界陸上を見ながら更新してるmamです(^^)
イシンバエワ、相変わらずお美しいですの~。
陸上の選手とは思えません。
シャラポワといいロシアのスポーツ選手には美人が多いのね。

そうそう、シャラポワと言えばちょっと苦戦しましたが無事に1回戦を突破しております。
一方、日本人選手はと言いますと・・・
錦織選手、森田あゆみ選手、土井美咲選手、3人とも故障により途中棄権と何とも残念な結果。
男子シングルスには錦織選手の他にもう二人添田豪選手と
自身初のグランドスラム本戦ストレートインを果たした伊藤竜馬選手の二人が出場してますが、
添田選手は残念ながらストレートで負けてしまい、残るは伊達さんと伊藤選手のみとなりました。
伊達さんは今日の深夜0:05分から試合が行われます。
お相手はS・ソレル=エスピノーサ、23歳。
8/22現在のランキングが142位のスペインの選手です。
伊達さん自身、左手を負傷してますから万全の体調とは言えないでしょうけど、
なんとか頑張って1回戦を突破して欲しいもんです。
伊藤選手は水曜日くらいにF・ロペスと戦いますよ。
厳しい展開だとは思うけど、ベストを尽くして欲しいですね、


さて、本日も玉名のお話です。
疋野(ひきの)神社のあとは高瀬町へと移動。
b0123359_2111183.jpg

そう、町屋なんぞ見て歩こうかと思ってね(^_-)


高瀬には6月の菖蒲の季節、それもしか来た事がなかったので昼間にどんな町の表情が見れるのか楽しみ♪

花の時期には白や紫の綺麗な菖蒲で彩られる高瀬裏川も今はこんな感じ。
b0123359_2112328.jpg



さて、高瀬蔵を突っ切って高瀬の町中へと参りましょう。
b0123359_2113490.jpg


疋野神社で雨に降られたのでちょっと高瀬に到着したのが予定より遅く午後4時半ごろ。
高瀬蔵の受付はすでに閉まっていて、そこにいた女性も帰り支度中。
もう帰りたいオーラがモワモワ出てて、私達思いっきり無視されてました(^^;
普通、「こんにちは」くらいあってもいいんじゃね?
こっちから話しかけようにも「話しかけないでモード」っていうの?
目も合わせてくんない。
そして、そそくさと帰って行った(-_-)

丁度その日、高瀬蔵ではイベントもあってって、リハーサルみたいなのもあってたんですけど、
そういうのの宣伝も一切なし。
ん~、こういうのってどうなんだろうね。
まぁ、いいけどね。

じゃぁ、書くな!って?
これが県外からの観光客なら印象悪いじゃん。
そういうのってよくないと思うのよね~・・・だから書いた(笑)



さて、初めてうろつく高瀬の町並み。
わりと近代的な建物もありますが、やはり目を引くのは歴史を感じる古い家屋。
b0123359_2145912.jpg


お店の看板もいい感じじゃん♪
b0123359_2181439.jpg


同じ町屋でも山鹿や八女、日田とは違った感じ。
町屋に面する道が広いからそう感じるのかな~・・・。

通り自体はどちらかと言うと八女に近いかも。
まぁ、mamがそう感じるだけですが(^^;


さて、そんな事を思いながら1軒の町屋というかお店の前で立ち止まる能天気夫婦。
それがコチラ。
b0123359_219446.jpg

「荒木直平商店」さん。

テルル、こちらのこの柱時計に目を奪われた!
b0123359_2111851.jpg


見とれていると、お店の奥さんらしき人が
「どうぞゆっくりご覧ください。写真も好きなだけどうぞ(^^)」
と仰って下さるじゃないの!

いや~、嬉しいお言葉。
早速御厚意に甘えて、中を見せていただいた。

こちらのお店、建物は約300年くらいたってるものだそうで、天井を見上げるとそれは立派な梁が
縦横に走っております。
b0123359_2113489.jpg


「すごいね、すごいね~」と二人で感動しながら写真を撮ってると

「お好きな方はお好きですもんね~」って。

「はい、好きです!」

出来ればあの梁に登りたい気分です(笑)


他にも大きな樽発見。
b0123359_2115152.jpg


この樽にはこんな張り紙がしてありました。
ちょっと長いですが・・・

この桶は明治の初めから使ってきた酢の仕込み桶で、高さ2メートル、直径1.8メートルあり、
一升ビンで二千本くらいの酢が入ります。
高瀬乃誉は酒粕を用いてアルコール静置発酵させてまろやかな醸造酢です。
建物は江戸時代後半のものです。
正面2階の窓には戦争の為に供出された鉄格子の切り取られた跡が有り、
外壁のL字釘は補修時、足場をかける為に使ったものです。
大黒柱には非常に硬い材木の姥芽樫が使われ、梁には地元小岱山の松やきやきなどが使われています。
離れ茶室は明治八年の築、十年西南戦争でこの地を訪れた有栖川宮熾仁親王がお泊りになられました。
西南戦争と玉名の関わりは深く西郷小兵衛(高森の末裔)戦死の地は近く石碑があります。
負傷者も多くでましたが、敵・味方の区別なくこの町の人々は手をさしのべた日赤発祥の地で有る事を誇りに思います。
高瀬裏川には数本の石橋・眼鏡橋・石垣・俵ころがし・船着場跡、レンガ造りの鉄橋々脚、七天神、
豊臣秀吉に賜った陣太鼓が残る願行寺、官軍墓地、飯食い観音、石仏、八幡宮、補陀落渡海碑、等々、
徒歩七分で玉名市立博物館に足を伸ばすと、玉名を広く知ることができます。
しらさぎ伝説の残る泉質のよい玉名温泉も近く、足湯も賑わっております。
熊本ラーメンの生まれた所でもあります。
観光ボランティアの方々に問えばくわしく説明をして頂けます。



この桶で1升瓶2000本ですって!
すごいですね~。

大変申し訳ないけど、私はこの桶を見て「悪魔の手毬唄」を思いだしちゃった(^^;
御存知?

しかし、すっごい歴史ある建物なんですね~、ココ。

奥さん一言「いろいろ大変なんですよ~ (^^;」

そうだよね、維持管理は大変だよね。

しかし、樽の前に並ぶお酢の美しい事!
b0123359_21491125.jpg

お酢だなんて思えないこの色揃え。
ビューチホーでございます。


店内を色々見せていただいてたら、奥さんがこんなもの見せてくださった。
b0123359_21505877.jpg

何かわかりますか?037.gif
答えは最後に006.gif


こちらの奥さん、とてもいい方でいろんなお話をしてくださいました。
楽しかったな~。

で、この後は奥さんに教えていただいた「七天神」さんを探してウロツクことに。
しっかりお礼を述べて、次へと進む二人。


あっ、綺麗なお酢を買おうと思ってて忘れとった(^^;
なんと失礼な奴なんだろう・・・・ごめんなさ~いm(__)m


さて、テクテク教えてもらった七天神を目指し歩く二人。
途中、気になるものを見つけてはパチリ。
b0123359_21594559.jpg

スイカ1玉100円?

やっすぅ~~~~!!

マジで?

ビックリだぜ。


実はこのスイカ、ビー玉の大きさなんですけどね。って嘘ダピョ~ン041.gif



奥さんに教えてもらった通りに歩いて行くと、七天神の1つ見っけたぞ!

続きはこちら

by fksm-kzmty | 2011-08-30 22:35 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)