2012年 06月 05日
小説「草枕」の舞台  前田家別邸
こんばんは。
男子バレーが韓国と激闘を繰り広げておりますが・・・・結果やいかに。

さて、全仏オープンテニスも2周目に入り、男女ともベスト8が出揃っております。
男子は上位シード選手がほとんど残っており、まぁ順当な顔ぶれとなっております。
一方、女子は大混戦ですよ~。
8人のうち、ひとケタシード選手は3人。
4人が10、15、21、23シード。
そして最後の1人は予選から勝ち上がった選手です。
もはや誰が優勝するのかわからないって感じです。

も~、毎日が寝不足だよ~。


さて、みなさん「草枕」はお読みになった事ありますか?
mamは・・・・・アリマセ~ン(笑)

読書は基本的に好きなのですけどね。


今日はその「草枕」の舞台となったお宅を御紹介しますね。
それは玉名市天水町小天にございます。

国道501を草枕温泉「てんすい」の方へと曲がると↓のような看板があります。
b0123359_21394359.jpg

その看板から右に曲がりちょいとせまい道を行くと前田家別邸があります。
b0123359_21412976.jpg


前田家別邸は従来「漱石館」と呼ばれ、、「離れ」の一部屋のみ公開されていましたが、
敷地の一部に残存していた「浴場」が2004年度に修復工事を終え、母屋を除く別邸敷地とともに、
初めて一般に公開されることになりました。(漱石・草枕の里より)



こちらが正面玄関になります。

b0123359_2144716.jpg

玄関に入ると左手の壁に説明板がありました。(写真はクリックするとちょっと見やすくなりますよ)
b0123359_21444667.jpg


玄関から左手に修復工事をされた「浴室」があります。
b0123359_2145409.jpg


浴槽のある場所は一段低い所にあり、入浴するには階段を下りて行っていたようですが、
現在は上から見るだけとなっています。
b0123359_21475566.jpg

一応、男風呂、女風呂とあるんですが、それは建物の外側から見た方がよくわかるので、
一旦玄関から外へ出ました。
b0123359_214956.jpg

こうして見ると、結構な広さと、深さがありますね。
漱石もこのお風呂に入ったのね。

これは男湯と女湯をしきっている壁板の欄間。
b0123359_21503925.jpg


きっと多くの人がここで温泉を楽しんだことでしょう(^^)

あ~、温泉行きたくなった(笑)


さて、こちらは本館跡。
b0123359_21571817.jpg

b0123359_21574762.jpg

建物などがここは復元されていないので、説明を見ながらしばし空想の世界へ(笑)


今度は本館跡からちょいと階段で上がった所にある離れ跡。
b0123359_21595464.jpg


↓の写真は説明にある4.5畳半2間の部分。
b0123359_2214514.jpg

ここでもしばし空想の世界。

では、今度は離れへと御案内。



はいはい、離れは土足厳禁なので靴は脱いでね(^_-)
b0123359_2263689.jpg


こちらの離れは2度も漱石が宿泊したそうな。
b0123359_227584.jpg


離れには前田家の当主案山子の写真や、当時の前田家別邸の様子、
また「草枕」の女主人公那美さんこと前田卓子嬢の写真?が飾られてました。
b0123359_22103651.jpg


これは・・・・・
b0123359_2214348.jpg

漱石が書いたのけ?
何て書いてあるんだ?(^^;


コレは・・・・・わかる。
b0123359_22152781.jpg


コレも・・・・わかる(^^)v
b0123359_22164849.jpg

夏目漱石だね。



こちら、なんと無料で見学出来るんですよ。
私達が見学してる間に、3組ほどの見学者が。

結構、見に来る人いるのね。


だったら・・・・有料でもいいから、もっときちんと復元・修復できればいいのにね。
まぁ、それがまだできない状況のようですが・・・・・(^^;


正直、ちょっともったいないなって思った前田家別邸でございました。
b0123359_2221527.jpg



前田家別邸に関する詳細はこちらをご覧ください。

by fksm-kzmty | 2012-06-05 22:38 | おでかけ・荒尾&玉名 | Comments(6)
Commented by KIKO at 2012-06-05 22:57 x
草枕といえば 智に働けば角が立つ 情に棹させば・・・で有名な
で、そこしか知らないというお話しですね^^;
読んだ事ありません 
読んでから行くと空想の世界がもっと広がるでしょうか
よい所ですね~
杵築のように解説者求む^^;
Commented by らぼっち at 2012-06-05 23:08 x
ここ行ったことないです~
確かに、少しお金とってしっかり維持管理して欲しいですね
それと若かりし那美さんの写真が見たいなー
なんちゃって♪
今度行ってみよう^^
Commented by 知明 at 2012-06-06 09:57 x
話には聞いておりましたが、
しっかり保存されてるんですね。
機会を作って行ってみます。
Commented by fksm-kzmty at 2012-06-06 13:05
☆KIKOさんへ
へぇ~、そんな節があるんですねー・・・・
ってそれすら知らないmamです(^^;
なんてったって、「吾輩は猫である」すら読んでませんから(恥)

ここを訪ねてあらためて杵築のすごさを実感しました。
きちんと整備して、解説者を置くと言うことはすごい事なんだな~って。
うん、立派です。
Commented by fksm-kzmty at 2012-06-06 13:07
☆らぼっちさんへ
おや、まだ未踏の地でしたか。
ここの土地自体がまだ個人の所有のようで、
復元、修復、保存と今の状態が限界のようです。
でも、もったいないですよね。
まぁ、きっといつかは・・・・でしょう(^^)
是非、那美さんに会いに行ってくださいマセ(笑)
Commented by fksm-kzmty at 2012-06-06 13:12
☆知明さんへ
おぉ、存在は御存知でしたか。
行かれてみるとわかりますが、ちょっと中途半端な感じは否めません。
でも、現存してる浴場や離れはいい感じでしたよ。
是非、1度見学に行かれてみてくださいマセ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 法事の前に空港にて787を満喫      カキノキダマシって知ってる? >>