<   2018年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2018年 09月 20日
母の新しい生活スタート
今日は久しぶりに土砂降りだった

前も見えないし、家の周りじゃ足首くらいまで冠水してる所も数ヵ所あった

そんな雨の中、母が老人ホームへ入所した

家を出る時、もう2度と戻ってこれないと思ったらしく

「長い間お世話になりました」とちょっと泣いた

別にいつでもお家には来れるんだよと言うと、泣きながら笑った

ドリカムの歌詞のようだけど、本当にそうだったの

ホームに着くと、スタッフの方々に迎えられて嬉しそうな寂しそうな複雑な表情

環境が変わることへの不安と自宅を離れる寂しさに体調にも変化が出てた

今まで通っていたデイケアセンターと区別がつかないようで混乱もしてた

説明すると「あ~そうか、そうか」とその時は理解するけどすぐ忘れちゃう

忘れてる事に気づくと、そのことに悲しむ

人間みんな年老いていくのに、老いは誰にでも平等に訪れるのに・・・

老いることを悲しまなくてもいい世の中にならんかな~とちょっと思った

今夜、100人ちょっと入所できる施設に母1人

ええ、まだ母以外の入所者がいないのよ

食事もだだっ広い食堂で1人で食べる

それでも食事は美味しいと言ってた

b0123359_20415742.jpeg

明日から徐々に入所してこられるんだけど、今夜はちょっと寂しいホーム1日目

寂しさを感じていないのは実家に残ってる宇宙人2人ぐらいのもんだろ




by fksm-kzmty | 2018-09-20 21:01 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 19日
マザーリーフ その3
ラスボスババァからもらったマザーリーフ

b0123359_20334213.jpg

我が家に来てから1ヶ月以上が経った

こんなもんなのか

成長が如何なもんなのか皆目見当がつかない

b0123359_20334283.jpg


by fksm-kzmty | 2018-09-19 20:39 | 動植物 | Comments(0)
2018年 09月 18日
微々たる前進
今日は肩のリハビリだった

昨日の夜、肩甲骨回りの筋肉のコリ・張りがいつにも増して酷くてつらかったので

今日のリハビリも辛いかな~って覚悟してた

もちろんいつものように痛かったんだけどリハビリの終わり際に理学療法士さんから

「施術し始めてから今日初めてほんの少しだけど張りが弱まった感がありましたよ」って言われた

あたしの感覚的には全然変わらず、相変わらず痛くてつらいんだけど

そういう風に言われると、ちょっと嬉しい

微々たる前進でも進まないよりマシだ

日々の痛みとしんどさに負けそうになるけど、頑張るぞ!

b0123359_20125279.jpg
写真はアプリコット・キャンディというバラです(はな阿蘇美にて撮影)


by fksm-kzmty | 2018-09-18 20:14 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 17日
夕方、母から電話あり

「テレビ(病室の)が見れないの」

木曜日に新しいテレビカードを買ってあげたのに

もうなくなったらしい

19日に退院なので最後のカードの予定だったのに...

「ラジオ聴いて我慢して欲しいな」

って言うと

「ラジオがないの」と言う

そこでちょっと思い当たる事があり

「退院の準備で荷物まとめたりしてない?」と聞くと

「したよ」

あちゃー(>_<)

きっと自分で片付けたはいいけど、どこに置いたか忘れたんだろう

電話じゃ埒があかないので病院へ行った

新しいテレビカードを買ってラジオ見つけて

また荷物をロッカーに戻して

退院は19日だからそれまでは荷物は片付けないように言い聞かせて帰宅

病院の非常階段から見えた空は美しかった

テルルに電話して撮ってもらった

b0123359_19581269.jpg
ここ1週間ぐらいで母の認知機能は一気に低下してる

帰宅しながらこりゃ姉じゃ無理だとつくづく思った






by fksm-kzmty | 2018-09-17 19:44 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 16日
樹木希林さん
樹木希林さんがお亡くなりになった

大好きな女優さんだった

だからといって希林さんの出演作品を全部見たりはしていない

ただ、テレビのトーク番組や雑誌などで得た情報や印象等で「好き」だった

一種独特の価値観というか感覚みたいなものをお持ちだったとあたしは思ってる

そこがあたしにとっては魅力だった

ガンを患われても、それを受け止め、上手に生きておられる印象だった

器の大きなとても素敵な女性だったな~

希林さんのように年齢を重ねられたらいいな

って言うと希林さんには「やめてよ」って言われそうだ

ご冥福をお祈りいたします

b0123359_22224900.jpg




by fksm-kzmty | 2018-09-16 22:27 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 15日
本当に洒落にならない50肩
50肩

50肩、50肩、50肩!

相変わらず痛いし、可動域は狭いし、両肩痛いし、痛みで夜中に目が覚めるし・・・

とにかく疲れる

可動域の狭い関節でいろんな事すると、疲労倍増、いや4倍くらい疲れる

普通ならそんなに疲れない行動量でも結構な疲労感

それなのに、体重は減らない(≧▽≦)

せめて体重が減ってくれれば、少しは救われるのにな~と思うようになった

b0123359_19302494.jpg

ま、50肩が治るのが一番だけどね





by fksm-kzmty | 2018-09-15 19:31 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 14日
入居手続き
今日は母の老人ホームの入居手続きだった

姉が仮予約した老人ホームに無事決まったのだ

諸事情で(^^;あたしゃ今日初めて母が入居する老人ホームの中を見ることができた

新しい施設ということでどこもかしこもピッカピカ

b0123359_20543155.jpg

母の部屋ではないけれど、お部屋を見せてもらった

窓も大きく、壁紙も明るく、室内には洋式トイレ、エアコン、テレビがあり快適そうだった

ベッドも電動リクライニングで寝具はレンタルとはいえ、可愛らしいカバーがしてあった

自宅の部屋と違い、延長コードだらけじゃないので足元も安心だと思った♪

ホールも広く、ミラーボール付きのカラオケルームまであった

大きなスクリーンもあり、映画も見られるみたい

正直、あたしが入居したいわ(掃除洗濯しなくていいし、上げ膳据え膳だし)

医療に関しては提携の病院があるけど、

母が今受けてる骨粗しょう症の注射(毎日自分で接種)は

入院してるかかりつけの病院で処方してもらう事になる

内科の方も施設の人が「提携医でもかかりつけ医でもどちらでもいいですよ」と言ってくれてる

そこは母の気持ちを尊重して決めることにしてる

b0123359_20530348.jpg

入居は20日から

スタッフさんといい関係を築き、いいお友達が出来て、楽しく過ごせるといいな

お母さん、気に入ってくれるといいな



今日の写真は1枚目がブルーフォーユー、2枚目がムーランというバラです
(はな阿蘇美にて撮影)



by fksm-kzmty | 2018-09-14 20:58 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 13日
レベル低い
大阪なおみちゃんが帰国した

空港にも報道陣いっぱい、フラッシュピッカピカ

記者会見ではバカみたいな質問ばっかり

疲れてる中、そんな質問にも丁寧に答えるなおみちゃんっていい人だ

でも、「ねむい」にはウケた(≧▽≦)

素直でとってもいいと思う

しかし本当日本のメディアって低レベルだな

b0123359_20071637.jpg

どうにかなりませんかね~・・・



今日の写真は「スーパー・トローパー」というバラです(はな阿蘇美にて撮影)


by fksm-kzmty | 2018-09-13 20:08 | その他もろもろ | Comments(0)
2018年 09月 12日
小さな支援でごめんなさい
連日北海道地震のニュースが流れる

気温が下がり始め被災者の健康が気がかりだ

さて、度重なる大きな自然災害が各地で起こり

過去の被災地が多くの人々の記憶から薄れる

仕方ないと言えば仕方ない

だからこそ!

b0123359_18201744.jpg
地元の復興支援は地元民がしなきゃ!

b0123359_18213065.jpg

小さな事しか出来なくて申し訳ないけど(^^;




by fksm-kzmty | 2018-09-12 19:46 | 熊本地震 | Comments(0)
2018年 09月 11日
寂しいけど仕方がないこと
昨日久しぶりにバドの練習に顔をだした

もちろん肩の状態が悪いのでラケットは持たず、顔だけ出した

体育館に着くと、見慣れた顔が笑顔で迎えてくれた

嬉しかった

ただ、代表から「今年度いっぱいで辞めます」って言われた

これはクラブを解散するという事

参加者が年々減り続け、地震後には練習場所の確保にも苦労するようになった

よく今まで持ちこたえた方だと思う

バドが出来なくなること、クラブが無くなってしまうことは寂しいけど仕方がないね

そして、もう1つ

母の退院が決まった

それ自体はとても喜ばしいことだけど、

母の認知症の進行と姉の健康状態、

そして実家の面々の人間関係を考えると果たしてこれから先一緒に暮らすことが幸せなのか?

母の弟妹から今の状態ではみんなが不幸だから、可愛そうだけど母を施設にいれなさいと言われ

姉は喜んで施設を探し、母そっちのけで入居を決めてしまった

あたし自身も母の体の事を考えると、姉と実家で暮らすよりも

老人ホームで暮らす方がいいと思うのでそれ自体反対はしないけど

母そっちのけで事後承諾のような形で話を決めてしまったことは許せない

母は老人ホームに入ること自体は嫌がっていない

ただ、今まで通いなれたデイケアに行けなくなることが寂しいと泣いた

可愛そうだけど、きっと新しいお友達が出来るよとしか言いようがなかった

母の気持ちを考えると・・・・

b0123359_13273479.jpg

もう母と一緒にたわいない話をしながら衣替えや庭の手入れが出来ないのかと思うと寂しい

遅かれ早かれそういう日が来ることはわかってたけど、やっぱり寂しい

姉が仮予約を入れた老人ホームは我が家と実家の中間ぐらいにある

無事に入居決定になるかわからないけど

母がこれから先心穏やかに楽しく暮らせることを祈るばかりだ


写真はテラコッタというバラです(水俣エコパークにて撮影)


by fksm-kzmty | 2018-09-11 19:47 | その他もろもろ | Comments(2)